登記事項証明書のネット請求
2010.2.15
ホームニュース一覧



ネットによる登記事項証明書等の送付請求の制度(以下「証明書オンライン請求」)をご存知でしょうか。現在では、全国全ての法務局(本局・支局・出張所)が運用を開始しており、会社又は自宅のパソコンからネットで証明書の交付請求が可能となっています。


証明書オンライン請求の対象

証明書オンライン請求の対象は、登記事項証明書(全部事項証明書及び現在事項証明書に限られます。共同担保目録の一部事項の指定は行うことができません。また、信託目録は対象ではありません。)、印鑑証明書、地図証明書及び図面証明書に限られます。登記事項要約書の送付請求はできません。


証明書オンライン請求手続

手続の流れは、次の(1)〜(8)とおりです。

(1)証明書オンライン請求に必要な設備を用意
インターネットが利用できるパソコンが必要になります。

(2)証明書オンライン請求に必要な事前準備
環境設定
事前に必要なプログラムをインストールする必要があります。
申請者情報の事前登録
環境設定が完了した後、申請者情報の事前登録を行います。

(3)申請書様式の取得
法務省ホームページから登記申請書作成支援ソフトウェアをダウンロードすることによって、証明書オンライン請求に用いることができる所定の請求書様式を取得することができます。

(4)請求書情報の作成
登記申請書作成支援ソフトウェアで請求書様式を編集し請求書情報を作成します。

(5)請求書情報の送信
請求書情報の作成が完了すると、法務省オンライン申請システムに送信します。電子署名を行う必要はありません。

(6)利用時間と受付日時
月曜日から金曜日(国民の祝日・休日、12月29日から1月3日の年末年始を除く。)の8時30分から20時まで。

(7)手数料と納付方法
登記事項証明書 10枚につき1通700円(10枚を超えるものについては、700円にその超える枚数5枚までごとに200円を加算した額)
・印鑑証明書 1通 500円
・地図証明書 1通 500円
・図面証明書 1事件 500円

なお、普通郵送料金は上記の金額に含まれます。書留や速達によって請求した場合には、実費金額が加算されます。
手数料はインターネットバンキング等で納付します。

(8)証明書の送付
請求した証明書は、請求人の住所(請求書の送付先欄に記載されたあて先)に郵送されます。

なお、印鑑証明書の送付を請求する場合については、請求書情報及び添付書面情報を作成して法務省システムに送信する際に、電子署名に係る電子証明書を取得して送信する必要があります。

詳しくは、こちらをご覧ください。
法務省 オンライン申請システム
http://shinsei.moj.go.jp




事業協同組合設立専門事務所



会社設立を徹底支援!事業協同組合設立も徹底支援! 会社設立、NPO法人、協同組合の設立は、多田法務会計事務所
ご相談・ご依頼はこちら

行政書士には、法律により守秘義務が課せられています。お気軽にご相談ください。


Copyright©2003-2010 多田法務会計事務所 TADA CONSULTING OFFICE All rights reserved