雇用関係助成金のご案内 2015.05.20
ホームニュース一覧



雇用関係の助成金は、毎年度、政策と予算に応じて改変されます。平成27年度の雇用関係の助成金が厚生労働省、労働局、ハローワークから情報がアップされていますので、一部をご紹介いたします。


雇用維持関係の助成金
雇用調整支援助成金
景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成されます。

雇入れ関係の助成金
トライアル雇用奨励金
職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成されます。
【支給額】1人あたり月額最大4万円(最長3か月)。対象者が母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合は月額最大5万円となります。

キャリアアップ人材育成関係の助成金
キャリアアップ助成金
(1)正規雇用等転換コース
有期契約労働者等を正規雇用等に転換または直接雇用した場合に助成されます。
1.有期→正規 1人当たり50万円
2.有期→無期 1人当たり20万円
3.無期→正規 1人当たり30万円
※1.〜3.合わせて1年度1事業所当たり15人まで(2.を実施する場合は10人まで)
※派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者として直接雇用した場合に助成額を加算(1人当たり30万円)
※母子家庭の母等を転換等した場合に助成額を加算

(2)人材育成コース
有期契約労働者等に次の訓練を実施した場合に助成されます。
【Off-JT分の支給額】
賃金助成:1人1時間当たり800円
経費助成:1人当たりOff-JTの訓練時間数に応じた下表の額
助成額
100時間未満 10〜15万円
200時間未満 20〜30万円
200時間以上 30〜50万円

(3)処遇改善コース
すべてまたは一部の有期契約労働者等の基本給の賃金テーブル等を2%以上増額改定し、昇給させた場合に助成されます。
1.すべての有期契約労働者等の賃金テーブル等を増額改定した場合:1人当たり3万円
2.一部の賃金テーブル等を増額改定した場合:1人当たり1.5万円
※職務評価の手法の活用により処遇改善を実施した場合1事業所当たり20万円を上乗せ
※1年度1事業所100人まで

(4)健康管理コース
有期契約労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を新たに規定し、延べ4人以上実施した場合に助成されます。
助成額は事業所当たり40万円
※1事業所当たり1回のみ




事業協同組合設立専門事務所



会社設立を徹底支援!事業協同組合設立も徹底支援! 会社設立、NPO法人、協同組合の設立は、多田法務会計事務所
ご相談・ご依頼はこちら

行政書士には、法律により守秘義務が課せられています。お気軽にご相談ください。


Copyright©2003-2014多田法務会計事務所TADACONSULTINGOFFICEAllrightsreserved