ご存知ですか e内容証明 2017.07.20
ホームニュース一覧



e内容証明(電子内容証明サービス)は、インターネットを通じて、内容証明郵便を24時間差し出すことができるサービスです。
Wordファイルで作成した内容証明文書をインターネット上にアップロードすれば、郵便局の全自動の機械で、印刷・照合・封入・封かんし、内容証明郵便として発送されます。

通常の内容証明では内容証明文書3部(謄本2通、原本1通)を作成の上、郵便局で目視確認を受ける必要があり、差出時にある程度の時間を要しますが、電子内容証明サービスではアップロードされたファイルを元に自動的に3部作成・照合処理されますので、 簡単に差出しを済ませることができます。

差し出された電子内容証明文書は受取人宛ての正本はもちろん、差出人宛ての謄本も自動で印刷・封入封かんし郵送されます。 封筒も日本郵便が用意したものを使用するため、事前に準備する必要はありません。
また、差出人の印章も必要ありません。

電子内容証明サービスでは、用途に合わせた差出方法が選択できます。

(1)かんたん差出し
差出人が1人で、受取人1人に対して1通の電子内容証明郵便を送れます。初めて電子内容証明サービスをご利用の方にお勧めです。

(2)差出し
あらかじめ複数の電子内容証明文書を作成し、差出時に複数まとめて差し出したり(一括差出し)、 同一文書を複数の宛先へ送付すること(完全/不完全同文内容証明)ができます。電子内容証明サービスのご利用に慣れた方、大量に差出しを行う方にお勧めです。

(3)差込差出し
文書ファイルと差込データファイルを指定することにより、最大で100通の電子内容証明をまとめて差し出すことができます。 一度に大量に差し出す方にお勧めです。

同じ内容証明文書を複数の受取人に送る形態で利用する場合に、完全同文内容証明、不完全同文内容証明に対応しています。 このサービスを利用すると、複数の受取人宛てに同一の電子内容証明郵便物を簡単に差し出すことができます。また、同報機能を使用した場合、2通目以降の内容証明料金が割引となるためお得です。(注:謄本は同報機能に対して1通のみ発行されます。)

あらかじめ複数の電子内容証明文書を作成し、差出時に複数まとめて送信することができます。 また、複数の電子内容証明文書を同時に差し出された場合は各々の謄本を1つの郵便物にまとめて返送するよう指定することができます。謄本一括返送の場合は通常の謄本返送に比べ料金がお得になります。




事業協同組合設立専門事務所



会社設立を徹底支援!事業協同組合設立も徹底支援! 会社設立、NPO法人、協同組合の設立は、多田法務会計事務所
ご相談・ご依頼はこちら

行政書士には、法律により守秘義務が課せられています。お気軽にご相談ください。


Copyright©2003-2014多田法務会計事務所TADACONSULTINGOFFICEAllrightsreserved